代理貸付

代理貸付とは、ある金融機関が他の金融機関の代理人となって貸付を実行することを呼称し、直接貸付に対する反義語です。

民間の金融機関が貸付を実行する場合は通常自らの銀行が預金そ他の形で集めた資金を自らの判断で貸し付けるわけですが、政府金融機関など支店数の少ない金融機関が貸付を実行する場合は、出来るだけ窓口を広げ利用者の便宣をはかるために支店網の多い他の金融機関と提携し、その銀行に委託して代理貸付が行われる仕組みです。

代理貸付は、受託した代理店が直接自分で貸し付ける場合と同様の注意義務をもって行う必要があり、そのために代理貸付事務取扱要綱はきわめて厳格に定められているとともに、代理店は委託金融機関に代理貸付額の一定割合を債務保証することになっています。

ただ、代理店としても他の金融機関の資金で貸付が出来ると同時に代理貸付手数料も入ってくるので、責任をもたされても十分採算が合うのです。

会議

貸付業務の委託

代理貸付を実行するにあたっては、委託金融機関と受託金融機関との間に、貸付業務の委託に関する基本契約が取り交わされています。

そしてその気本契約とこれに追随する取扱要綱の中で、貸付方法、貸付資金の受け渡し、手数料、貸付状況の報告、回収金の返還などが定められています。

当サイトの概要