管理通貨制度

管理通貨制度とは、一国の通貨発行高を金などの正貨準備にリンクした金本位制下の機械的な通貨管理方式に代わり、通貨当局が物価の安定、経済成長の確保等の政策目標を達成するため、金準備の額に縛られずに、通貨発行を管理調節が可能のようにした制度です。

管理通貨制度の導入は、1931年のイギリスの金本位制度崩壊以降のこととされています。国内でも31年の金交換停止、32年の日銀券発行制度の改正により、事実上本制度に移行しました。

金融会社

間接発行

また、債権の発行者自身が投資家との条件交渉や発行事務を進める方法を直接発行と呼称し、仲介者がこれを行う方法を間接発行と呼称します。

国債を例にとれば、中期利付国債の公募発行や非市場性国債の私募発行は直接発行であり、長期国債などの団体引受発行は間接発行となります。

当サイトの概要