消費者金融審査

消費者金融の審査手順

消費者金融業者は数多くの広告媒体を使って顧客を勧誘しています。もしも広告を打っていなければ、顧客はその存在を知ることが出来ず、利用することもなかったはずです。全国規模で展開する金融業者にとっては、広告こそが顧客の集客に最も重要な要素をいえるでしょう。

そういった広告を見た資金需要者は、広告を辿ってwebサイトや電話などを使って申し込みをしてきます。融資の申し込みを受けたローン会社は、迅速に審査に取り掛かります。

申し込みには、氏名、住所、職業、勤務先、年収、現在の借入総額といった情報の記載が義務付けられていますので、そういった情報を基に内部審査が実行され、それとは別に信用情報機関へ申込者の個人情報のデータを取り寄せます。

金融業者によって多少の相違はありますが、基本的にこういった一連の与信システムは同じだといえるでしょう。

  1. 融資の申し込みを受理
  2. 本人確認
  3. リスク分析
  4. 営業戦略

融資の申し込みと本人確認については、免許証や保険証といった身分証明が提出された時点で完了となります。また、勤務先への在籍確認もとられますが、最近のweb完結審査では迅速審査のためそういった在籍確認は省略される場合もあります。

0

リスク分析

本人確認と勤務先への在籍確認が終了した後は、リスク分析に入ります。リスク分析では、信用情報機関から取り寄せたデータによって、申し込み者の借入状況や延滞履歴などが精査され、申込書に記載された年収の額との対比などで、リスクの発生率が計算されます。

この一連のリスク分析では、各社がこれまでの顧客履歴からの情報が加味されたシステムが構築されており、オートスコアリングシステムと呼称されるコンピュータで管理されています。

営業政略

営業戦略とは、分析されたリスク発生率に対して、どのような基準で審査を行うかという判断です。これは、消費者金融各社によって戦略が異なってきます。これはターゲットとする顧客がどのような層かということで変わってきます。

優良顧客を相手にするような大手消費者金融では、基準審査は厳しくなってきますし、逆に中小消費者金融では大手で審査に通らないような人をターゲットにしています。

また、時期やキャンペーンなどによって、こういった営業戦略は変わってきます。

当サイトの概要