ネガティブ・クローズ

ネガティブ・クローズとは、貸付先の資産や将来取得する予定の資産について、金融機関が請求した際は直ちに担保として差し入れるという趣旨の特約を指します。

このような契約は、正確にいえば担保予約契約になりますが、この契約に伴い担保差し入れを確実にするために、銀行の承諾なしにその資産を処分しないことを契約しているのが通常ですので、この意味を含めてネガティブ・クローズと呼称されています。

また、金融機関によってはこれを「引当」あるいは「見合」などに分類しています。

銀行

債権的効力

ただ、ネガティブ・クローズは当事者間の契約に過ぎませんので、第三者に対する対抗力は皆無で、当事者間での債権的効力があるに過ぎないのです。

したがって、貸付先が目的物件を処分してしまったり第三者が目的物件を差し押さえればそれまでで、これだけで独立の担保として考えることは出来ないのが通常です。

当サイトの概要