流動比率とは

流動比率とは、流動負債に対する流動資産の比率で、企業の短期的な債務に対する支払い・資金返済能力を表わします。

この比率が高いほど企業の資金繰りにゆとりがあると判断されますが、その反面、流動資産は収益性が低いため、高すぎることは必ずしも好ましいとはいえないのが実情です。

かつては20%以上が適正水準とされてきましたが、昨今では絶対的基準ではなくなっています。

0

流動性リスク

また、預金の以上な払い出しや突発的な貸し出しに対して銀行の流動性が不足し、これを補うために割高なコストでの保有資産の流動化や資金調達を余儀なくされることによって収益が悪化することを流動性リスクと呼称します。

国際金融市場では、何らかの事情で銀行の資金調達が困難化するような流動性リスクを特にアベイラビリティ・リスクを呼称しています。

当サイトの概要