闇金について

貸金法の改正で非合法的なお金の貸し出しをしている闇金融業者は撲滅したかと思いきや、まだまだ裏社会で跳梁跋扈しているのが現状です。

需要のある所に供給有り、ということで総量規制で新規の借り入れが不能になった多重債務者をターゲットに、以前にも増して繁盛しています。

何しろ元々が貸金業登録をしていない非合法の業者ですので、総量規制のような法律を遵守するはずもありません。増え続ける多重債務者のリストを裏ルートから入手し、各個人宛にDMを送って一本釣りするのが彼らの手口です。

どういったDMかといいますと、「ブラックOK」「審査の甘いキャッシング」といった多重債務者が見たら涎を垂らしそうなセリフを宣伝文句にしているのです。

たしかに大手の消費者金融などに比べたら審査の甘いのは確かなことですが、金利は法律で定められた上限金利を超えていますし、少しでも支払いが遅れたら、とたんにガラの悪い男が取り立てに来たりします。

違法業者

債務整理のすすめ

したがって、余程の事情がない限り、闇金融に手を手を出すべきではありません。そこまで追い詰められているのならば、債務整理を考えるべきです。

闇金融に手を出してますます傷を深くして泥沼に入っていくよりも、債務整理をして債務を処理して人生をやり直したほうがはるかに前向きで現実的かと思います。

当サイトの概要